全力投球よりも

FX投資初めての方が為替の要を理解するには、まず初めにトレードを重ねる事が大事です。

 

とりわけ、未然にピンチを嗅ぎとるようになるには負けをすることも経験のひとつです。

 

言うまでも無く、間違いをするといってもやり直しが効かないほど決定的な失敗をする事は論外です。

 

やり直しが効く間違いを何度か体験することが結果的に自身の場数を増やす事が出来ます。

 

これを考えると、まず初めはわずかな資金で売買を行い、そこで何度かちょっとした失敗をすることが重要です。

 

仮に、100万円だけしか投資に回すお金のない状態で深く考えずに100万円を一円も残さないでつぎ込んでエントリーすると、間違えた時、今後立ち直れなくなってしまう心配があります。

 

それよりも、一例として1割ずつ売買してそれで買ったり負けたりを積んだ方が所徐にミスを埋め合わせる技術なども習得するはずです。

 

最初にわずかな額でエントリーする事の良いところは、先ほど書いたように、あなたの体験を増やし、間違いを減らす手段を学習していく事にありますが、同時に、トレードの回数を多くして偶然を減らせるというメリットもある。

 

たとえば、1回だけの売り買いで儲けられる可能性が50%とします。

 

すなわち、同じく5割の確率で損する危険性もあるということになる。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の率で利益が上げられる事を言い表しています。

 

しかし、全部の投資資金を注ぎ込んで1回こっきりのエントリーをするということは、勝つか、負けるかの片方になってしまいます。

 

それではただ1度の賭けと同じです。

 

すなわち、全てを投入して1度だけしか取引をしないと、これでは損失が生じる可能性が大きくなってしまいます。

 

これを避けるために、資金を全額投じるのではなく、いくつかに分割して投資経験を増やす事が危険性を減らす事になります。

 

ただいくつかに分けたとしても、全てのトレードでプラスにする必要はない。

 

むしろ、全部は勝てないのが実情です。

 

勝負で必要なのは、勝利回数ではなく、いくら稼ぐかです。

 

勝半5割でも、例えば勝率が低くても稼ぐ事は出来ます。

 

それ以上負けても損がわずかであればわずかな勝ちの利益の大きさだけで十分に儲けられる。

 

そのために大切な事はマイナスを少なくして、プラスを大きくする事を肝に銘じる事です。

 

マイナスになったらすぐにロスカットして、それとは反対に儲けられる時はなるべく大きく儲けることが外為取引初心者がFX投資でプラスになるための極意といえる。